PowerMateレビュー of きゃぴゅびより

img2.png

Griffin Technology PowerMate レビュー

今更感満載だけど、お絵描き用途にはピッタリデバイス!

Review


p4250615.jpg
かっっっっっこいい!(`・ω・´)

この製品はつまみデバイスって感じです。
要は、AV機器のボリュームつまみみたいな感じで、
捻る・押す・押しながら捻る・長押し
これらの動作に各ソフトウェア毎に割り当てるデバイスです。
ちなみに、このデバイスは専用ソフトウェア必須で、
常時起動していないと何も動いてくれません(´・ω・`)
ですので、Griffin社のHPからソフトウェアをDLして、
スタートアップに登録(Windowsの場合)する必要ありです。
公式ソフトウェアの対応OSがVista止まりですが、
7でも8でも現状は動いてくれます。

それでは開封〜(`・ω・´)

p4250616.jpg

さて、内容物はこんな感じです。
まぁ、周辺機器ですからこんなものでしょう。
各所で言われている通り、
ケーブルが古くさい感じがしますねw
なんと言うか、ポリタンク時代のMac的な・・・
そう言えば当時は、ゲーム機もクリアカラーが流行りましたね。
左にあるのは、延長ケーブルです。
デスクトップユーザーは必須です(本体のケーブル短いw)

p4250617.jpg

本体のアップです!
下は透明な硬質シリコンになっていて、
接続時に光ります(下の画像参照)
本体もアルミ押し出し?削りだし的で質感も高い(〃゚A゚)

p4250618.jpg

では、接続〜!
まぁ、これと言って書くこともないですねw
発売されたのもかなり古く、
よく言えば枯れたデバイスですね。
新型はBluetooth版として、出ているようです。


…おわり?

総評

さて、このデバイスをどう評価するか・・・
実際この手のものは、競合するものが皆無なのでねー
だから、ずっと販売されているとも言えますが(。-ω-。)
質感も高いんで、欲しい人はどうぞ〜
あ。欲しい人しか買わないジャンルのものですねw

いいものは、いいんでしょうね

ページの先頭へ

ページの先頭へ