JBL PEBBLESレビュー of きゃぴゅびより

img2.png

JBL PEBBLES スピーカーレビュー

低価格×高音質なスピーカーの実力や如何に?

Review


img_0902.jpg
価格改定前に滑り込み〜な買い!(`・ω・´)

結構前から、低価格(4000JPY強)で高音質なこのスピーカーが人気ですね。
つべでもレビューしている方、多いですし。
軍曹(自分のこと)は音にウルサイ(バンドしてました)んで、気になってました!

img_0903.jpg

さて、展開!!!
うん。ふつーwww
何も言うことないですね。ははは。
ペラ紙な説明書ぐらいです。
さっさと次ぎにいきましょー!

img_0904.jpg

本体は、こんな感じです!
PEBBLESは「かたつむり」のことなんですね。なので丸い筐体納得…出来る?
あぅあ あっあっー。おたーまじゃくしでぃすてぃにーwww←???

付属品は、ステレオミニケーブルのみ。電源は???とお思いでしょう!
実は、このスピーカーはUSB駆動なのです!しかもDAC(デジタルアナログコンバーター)搭載!
つまり、3.5φのケーブルはいらなーいのですよ!奥さん!!!(`ω´*)
実に便利!すっきり!
個人的に、PC周りはコンセントを大量に使用するのでスピーカーはこういうタイプおすすめ!
しかも、ケーブル周りがぐちゃぐちゃしないし、PCの電源と本体の電源ONOFFが連動します
でも、この手の商品は出力がUSB駆動から出力が弱くて、音がしょぼいんです(´・ω・`)
ところが!このPEBBLESは超音がいいとか!それで、購入した訳です!

img_0905.jpg

使用例です!
USB一本ですべてをまかなえるのでスッキリです!

他にも…
img_0906.jpg

よこでも使えます!!!
両方とも、設置面にはゴム足あるのでインシュレーター機能はある程度ありますよ!

img_0907.jpg

やっぱ、Macがお似合いなスピーカーですね。
軍曹もホワイトにしたのは(他にブラックあります)、Macで使うためですヾ(●゚ⅴ゚)ノ

続いて、本体のチェーーーック!!

img_0908.jpg

コンパクト…ではないね。
モバイルには不向きな筐体です。でも、据え置きにしてはコンパクト。
そんな大きさです。

img_0909.jpg

左がL。右がRになるようにおいてます。
Rには、AUX(外部入力)があります。
このAUXはUSBとは排他仕様で、AUXが刺さっていれば、そちらの音が優先で流れます。

img_0910.jpg

裏面は、両方とも何もなし。実にシンプル。
つまり、割り切った使い方しかできません。
ヘッドホンジャックなんてありません。
なので、ヘッドホン用のDACには使えませんよ。

img_0911.jpg

底面です。
LにはRにつなぐための、3.5φジャック。
Rには、PCにつなぐUSBがあります。
両方とも、こうやって巻き付けれるので、収納や長さ調節に便利です。

img_0912.jpg

Rの後ろにある穴に、先ほどのLから出ていたケーブルをつなぎます。
ちなみにケーブルは両方ともそんなに長くないです。
デュアルディスプレイだと設置は厳しいです。
そういうときは、市販の延長ケーブルを使用してください。(ただし、自己責任)

img_0913.jpg

けっこ、短いケーブル。

スクリーンショット 2015-02-05 17.39.06.png

余談なのですが、Macに接続するときはそのままでは、本体から音が出てしまいます。
ですので、「システム環境設定」から「サウンド」に入り、
音の出力先をJBL PEBBLESに設定してあげましょう(`・ω・´)


で、肝心の音ですが、、、正直!脱帽しました!
この価格で、ここまで鳴らせるならじゅーぶんです。
一般用途ならもちろん、耳がこえた方でも十二分に視聴に耐えうる仕様です。
すばらしい。の一言!
音としては、JBLらしく低音が良い鳴らしっぷりです。
高音は奇麗に鳴らすより、エネルギッシュに鳴ります。クラシックには不向き。
個人的にお気に入りの、似たような製品のオラソニックの「TW-D7IP」と聞き比べですが、
低音はPEBBLESの方が鳴らしきれてます。(オラソニックはUSB駆動にて比較)
高音の伸びは、オラソニックの方が一枚上手。
音場は、オラソニックの方が、広いです。PEBBLESは多少直線的かな。
オラソニックは無指向性な感がありますが、PEBBLESは純粋なスピーカーな感じです。
まぁ、価格は2倍ぐらい違うので、比較は酷かもしれませんがね(。-ω-。)

総評

さて、一言でいうと、「買いですね!」
やはり、巷の評判通りです。
音もこの価格なら文句なしでしょう!
不満なのが、ゲーブルの短さと質の悪さでしょう。
正直、ケーブルは固いし癖つきやすいし、金メッキされてないし…
ここは、ダメですね(´・ω・`)
JBLなら、ここはこだわってほしかったかな。
PCサプライメーカーが出してる訳じゃないしね。
付属のステレオミニケーブルは完全におまけです。
あんなもの使うなら、とっとと別のケーブル買いましょう。
ま、ここは仕方ないですし、使わなければ良いこと。
4000円台ですし、多くは注文つけれませんしね。
この価格を考えれば、低価格スピーカーでは当分無双状態でしょう。
価格改訂が2月からありますので、お買いになる方はお早めに!!!!

すばらしい!低価格スピーカーのデファクトスタンダード!!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ